fc2ブログ

四天王

ある道・部門に最も秀でた四人の称として、何々四天王という表現も今は余り耳にすることがなくなった。

もともとは、帝釈天の部下として須弥山の「四つの門を守る仏教の護法神である持国天・増長天・広目天・多聞天」を指す。

持国天…東方を守護する。
広目天…西方を守護する。
増長天…南方を守護する。
多聞天…北方を守護する。毘沙門天とも呼ぶ。原語の意訳が多聞天、音訳が毘沙門天。


持国天(じこくてん)
持国天は四天王の1人で、古代インド神話に登場する雷神インドラの配下であったdhrtarastra(ダータラシュトラ)神。ダータラシュトラとは「国を支える者」という意味であり、その原名がそのまま和名となった。

仏教に包括された後は仏の住む世界を支える須弥山(しゅみせん)の4方向を護る四天王の1人として東の方角を守護する。

日本国内の仏像における持国天は、四天王の中で唯一兜をかぶり、長剣を構えて邪鬼を踏みつける姿が一般的である。


広目天(こうもくてん)
広目天像(東大寺金堂) 広目天(13世紀、ボストン美術館所蔵)広目天は四天王の1人で、古代インド神話に登場するvirupaksa(ヴィルパクシャ)神。ヴィルパクシャとは「千里眼を持つ者」という意味であり、ここから広目天の和名が生まれた。

仏教に包括された後は仏の住む世界を支える須弥山(しゅみせん)の4方向を護る四天王の1人として西の方角を守護する。

広目天はその名が示す如く、全ての世界の出来事を漏らさずに見届け、この世の真実を書き留めるために巻き物と筆を持ち、邪鬼を踏みつけた姿で表現されるのが一般的である。


増長天(ぞうじょうてん)
増長天は四天王の1人で、古代インド神話に登場する鬼神virudhaka(ヴィルーダッカ)。ヴィルーダッカとは「大きく育つ」という意味であり、増長天の和名はここから来ている。

仏教に包括された後は仏の住む世界を支える須弥山(しゅみせん)の4方向を護る四天王の1人として南の方角を守護する。

増長天は口を大きく開けて叫ぶ明確な憤怒の相を表しており、一般的に長槍(矛)を持って邪鬼を踏みつける姿が一般的である。


毘沙門天(びしゃもんてん)
 多聞天像(東大寺金堂)毘沙門天( 梵 Vaiśravaṇṇa)は仏教の護法神である天部の1つ。別名を多聞天。

古代インド神話のクベーラ(音写:金毘羅)が仏教にとりこまれ、ヴァイシュラヴァナとなった。 毘沙門はその音写である。 また、多聞はその訳「すべてを一切聞きもらさぬ知恵者」の意である。

毘沙門天は四天王の1つとして須弥山の北方を守護するとともに、中央アジア、中国、日本など広い地域で独尊像として信仰の対象となっている。日本の民間信仰においては七福神の1つにも数えられている。

日本においては、四天王の1体として造像安置する場合は「多聞天」と呼び、独尊像として造像安置する場合は「毘沙門天」と呼ぶのが通例である。日本では俗に勝負ごとの神とされ、七福神の1つとして庶民の信仰を集めてきた。

※、上杉謙信の旗印がこの「毘沙門天」でした。

「聖」という字は、「耳」は大きく「口」は小さく書かれています。つまり、指導者「王」は人の話をよく聞くということです。 ⇐ 多聞天で思いだしました。

 

スポンサーサイト



鬼子母神

鬼子母神

鬼子母神はお釈迦様のお説きになられた「妙法蓮華経陀羅尼品第二十六」に説かれる神様です。名前をサンスクリット語(古代インドの言語)でハーリティー”(Hariti)といい、これを訳して“鬼子母神”または音訳して、“訶梨帝”(かりてい)などと呼ばれます。

鬼子母神には、ひとつの伝説があります。

鬼子母神は般闍迦(Pancika パーンチカ)とゆう神様の妻であるとても美しい女神で、500人ものたくさんの子どもがいました。

鬼子母神はこの愛する子供たちを育てるため人間の子供をさらってなんとこれを食べていたのです、人間たちは子供たちをさらわれることを恐れ苦しみ、お釈迦様に相談しました。

お釈迦様は一計を案じ、鬼子母神がもっとも可愛がっていた一番下の子供の姿を神通力によって隠してしまいました。

鬼子母神は嘆きそして悲しみ、必死になって世界中を気も狂わんばかりに探し回りましたが、勿論見つかるはずもなく、途方に暮れついにお釈迦様の元に行き、自分の子供が居なくなり見つからないことを話し、助けを求めました。

お釈迦様は鬼子母神に「500人の子供の内、たった1人居なくなっただけで、おまえはこのように嘆き悲しみ私に助けを求めている。

たった数人しかいない子供をおまえにさらわれた人間の親の悲しみはどれほどであっただろう。その気持ちがおまえにも今わかるのではないか?」とはなし、「命の大切さと、子供が可愛いことには人間と鬼神の間にも変わりはない」とおしえられ、子供を鬼子母神の元に返しました。

鬼子母神はお釈迦様の教えを受け、改心し以後は全ての子供たちとお釈迦様の教え、またお釈迦様の教えを信じる全ての人たちを守ることを誓いました。これ以降、鬼子母神は鬼ではなく仏教と子供の守り神となりました。

鬼子母神は右手にザクロの枝をもち、ふところに子供を抱いています。鬼子母神がザクロを持っていることについてよく「ザクロは人の肉の味がするから、子供を食べられなくなったかわりに食べている」といわれます。

ザクロの実をみると1つの実の中に又たくさんの小さな実があり、その一つひとつがそれぞれに小さな種を持っています。

このことからザクロは古くから子孫繁栄をあらわす縁起のよい果物として「吉祥果」ともいわれています。

鬼子母神がこのザクロの枝を手に持つのは子供を守る神として子孫繁栄の願いが込められているのです。

拾い集めの雑学の旅(atyの書庫) ⇐ 


お住まいはどちら

仏法で説く私たちの住居とでもいいましょうか


十界(じっかい)
十界とは、私たちの生命が内より実感している十種類の境界(きょうがい)のことです。

①地獄界

・・・苦悩(くのう)・煩悶(はんもん/もだえ苦しむこと)の境界のこと。


②餓鬼界

 ・・・飢渇(きかつ/飢え渇(かわ)き)に苦しむ境界のこと。


③畜生界

  ・・・理性を欠き、本能的欲求によって動く境界のこと。


④修羅界

 ・・・他人の善根(ぜんごん/善い果報を招くであろう善因)を憎み・怒る、自己中心的な境界のこと。常に他に勝ることを思い、怒りへつらう境界。 


⑤人 界

  ・・・平静に物事を判断する境界のこと。人間界ともいい、穏やかで落ち着いた境界。


⑥天 界

  ・・・歓喜に満ちた境界のこと。天上界ともいい、永続性のない快楽の境界。


⑦声聞界

  ・・・仏の法を聞き、煩悩(ぼんのう)を断尽(だんじん)して小乗の悟りを得る境界のこと。

小乗の悟り・・・阿羅漢果(あらかんが)のこと。煩悩を断じた境界。



⑧縁覚界

  ・・・独覚ともいい、理(り・ことわり/道理や自然の法則)を観じ、自然現象を縁として小乗の悟りを得る境界。



⑨菩薩界

  ・・・利他の実践により、衆生を救済しようとする慈悲の境界のこと。


⑩仏 界

  ・・・一切諸法(しょほう/森羅万象・宇宙のあらゆる存在)に通達し、中道実相を体得した尊極無上の境界のこと。


十界互具(じっかいごぐ)

これら十界それぞれには、十界が具わっている。これを十界互具という。 (十のどの境界にも、地獄界から仏界までが具わっているということである。)

十界×十界で百界となり、これによって法華経が説かれる以前には成仏できないとされてきた声聞・縁覚の二乗はもとより、十界すべての衆生に仏界がそなわることがあかされた。

法華経 方便品第二には、諸仏の智慧は甚深無量なり。其の智慧の門は難解難入。
一切の声聞(声聞界)、辟支仏(縁覚界)の知ること能わざる所なり。と説かれています。

経文ことは時間があればまたの機会に。






依法不依人

お釈迦様の説かれた涅槃経には

法に依って人に依らざれ。

仏法を信じ修行していくには、正しい法に依ってであり、法を無視した人の言葉に依ってはいけないという教えがあります。




おやすみなさい。


いい夢を


いい朝を迎えてください。




丁度よい

 


お前はお前で丁度よい
顔も体も名前も姓も
お前にそれは丁度よい


貧も富も親も子も
息子の嫁もその孫も
それはお前に丁度よい


幸も不幸もよろこびも
悲しみさえも丁度よい


歩いたお前の人生は
悪くもなければ良くもない
お前にとって丁度よい


地獄へ行こうと極楽へ行こうと
行ったところが丁度よい


うぬぼれる要もなく卑下する要もない
上もなければ下もない
死ぬ月日さえも丁度よい

花は咲く

プロフィール

憂国の武士

Author:憂国の武士
あゝわれ如何にふところの剣は鳴りをひそむとも咽ぶ涙を手に受けて かなしき歌の無からんや。

ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR