fc2ブログ

寄り合い所帯

今の所、潰し屋小沢の動きが無いようだが、民主党の代表選はパフォーマンスばかりが目立つ。

政界再編、政権交代と言う理想?に釣られて民主党を支持して裏にはまった人は多い。

政治で『ゴエツドウシュー』が目的地に着いた試しがない。

注視してみよう。
暇だし。
スポンサーサイト



公明党への投票依頼の断り方

この記事の公開は、投票日締切以降にセットします。

●公明党とは?

戦争と平和の選択でイラク戦争を肯定して、逆に厳しく見るべき南北朝鮮に甘いのが公明党です。福祉切り捨てをしてきたのが公明党です。「公明党や創価学会のリーダーと責任」シリーズや67番、86番記事、私のブログで「福祉」で検索してみて下さい。

池田氏がイラク戦争容認したのは私のような政治素人でも想像がつく事です。上意下達な組織であり、池田氏は絶対ですから。池田氏にイラク戦争容認した責任が少なからずあるのです。創価学会員の平和署名の受け取り拒否。創価学会は過去にもよく署名活動してきました。だから、署名も集めるのが大変な事をかなり上の幹部も知っているのです。戦争反対署名を組織でするどころか受け取り拒否です。過去記事に書いてきたとおりです。 2000万円賄賂を受け取った有川議員の事は有耶無耶になっているのに、竹入氏、矢野氏は連日のように聖教新聞で罵倒しているようです。

もう一度書きますが、 池田氏のSGI提言はテロだから仕方ないというのは政治家の感覚であり、宗教家の言動ではありません。参考URL:創価学会の信仰に功徳はあるか?

:公明党の責任 戦争と平和 その3
もっというと公明党員は全員、創価学会員です。池田氏だけではなく公明党の人にも池田氏ほどではありませんが宗教者としての大きな責任があるでしょう。それに今は選挙前に国民にアメをぶら下げるという意味ではどの政党も一緒です。

●公明党の断り方

話がそれてしまいましたが、「興味ないから」なんて言って断ってはいけません。こういう時だけ一宗教者らしく、もっともらしく、いい人らしく、国民の義務とか公明党は良い政党だからとか、平和、福祉の公明党なのになんて無認識なんだ!、という事を言ってくるでしょう。

明確に不在者投票が始まっていることが分かっていれば、「もう”公明党以外に”投票してしまいました。今後も公明党も”創価学会も”応援する気はありません。」(創価学会をちゃんとつけましょう)これでいいでしょう。

不在者投票が始まったのかどうか覚えがないならば、「もう公明党以外に決めています。」

必ず、どこを応援するのですか?と聞かれます。答えてはいけません。場合によってその政党を批判するアンチョコが学会組織から用意されているのです。

「教えたくはないです。教える必要は無いです。」

これでいいでしょう。公明党の事を説明されるでしょうが、ここで「結構です。」と断りましょう。玄関で会っていれば笑顔できっぱりと断りましょうね。(^_^)(^_^)(^_^) TELなら普通に 「今後も公明党も”創価学会も”応援する気はありません。」 と断ればいいでしょう。(創価学会をちゃんとつけましょう)

学会員の選挙のお願いに困っている人はここで「お疲れ様、ご苦労様」などと言ってはいけません。

私もそうでしたが、選挙態勢になると連日、睡眠不足状態で学会員同士のTEL連絡で「お疲れ様、ご苦労様」という言葉でお互いにホッとする気持ちになる事がよくありました。

 一般の人から、愛想良く「お疲れ様、ご苦労様」などと言っては一票が取れた取れないにかかわらず、「理解して貰った」「友好を築けた」「友情を広げた」などと結果オーライ主義を勝手に持ち出して、ハイな気分で誤解している可能性があります。躁鬱の躁状態みたいな感じです。些細な事でも大喜びしてしまうのです。誤解に基づく喜びは学会員同士で報告したり会合で報告したりして、選挙活動の意欲にします。

学会員によっては一般の人が喧嘩腰に断ると余計にムキになることがあるでしょう。躁状態だと思って冷静にかわして下さいね。

●きっぱり断りたい人、議論できる人向け。政教分離、政教一致(その1)

もしも学会員が ”池田先生が作った政党だから。” と言ったら、「それは池田氏が作ったという事は政教一致」”政教分離している。”と学会員が言ったら、

TVタックルの大竹まこと氏が言っていたように、「公明党員の全員が創価学会員で政治と宗教が分離しているとは思えない。むしろ限りなく一致しているように見える。」「これは私の意見です。」

ご自身で「政教分離していない。」と思っているなら、なおいいでしょう。政教分離していないと思う政党に投票するの?あなた? 憲法解釈は意見や判断が分かれるところですから、別に国会での憲法解釈に貴方が従う必要はありません。貴方の意見の方が将来的に正しいのかもしれませんし、貴方の意見は自由です。

有名な学者や教授が”政教分離している。”と言っている。”政治が宗教に関わることを禁止しているのであり、宗教者が政治参加するのを禁止していない。”というお決まりの解釈がありますが、

「今の現状は政教一致に甘いと思う。もっと政教分離すべき。これが私の意見です。」これでいいでしょう。

ちなみに「池田大作氏が素晴らしいから公明党に入れて欲しい。」あるいは「創価学会が素晴らしいから、云々、、、」こんな馬鹿な事を言う学会員はいないと思いますが、それこそ頼みに来た創価学会員の政教一致です。

つまり池田氏(創価学会)が素晴らしいので宣揚する、という目的になり完全に頼みに来た創価学会員の政教一致です。 宗教者である一個人の中で創価学会が良いところだから、といって公明党を絶対に正しいとしているのです。

政教分離原則 - Wikipedia ← 検索どうぞ
主旨。
>政教分離原則とは、国家権力と宗教とは相互に分離されるべきであり、国家権力が宗教団体を援助、助長、又は圧迫してはならないとする憲法上の原則をいう。これによって個人の自由の権利が確保される。日本国憲法においては、第20条(信教の自由)においてこの原則が規定されている。世俗主義ともいう。政教分離とは逆に、政治と宗教が密接な関係にある場合は政教一致と言う。

選挙は政策で選ぶべきであり、選挙のお願いの際、学会員が”創価学会の良さを持ち出す”事は政教一致と言えると思います。

創価学会員は学会が素晴らしいから、池田氏が素晴らしいから、なんて理由で投票しています。政策ではないのです。あるいは思考停止しています。つまり創価学会一個人であれば政教一致はその個人の中に実現されている、ということでしょう。

●きっぱり断りたい人、議論できる人向け。政教分離、政教一致(その2)

創価の人に聞いても”死んだ”学者がこう言っていた、としか出て来ないでしょう。また非創価学会員で学者で1人か2人いても不思議では無いと思います。お金を貰って創価よりの記事を書いているかもしれません。ですので学会員に余計な事は聞かずに自分の意見を言うのが大切です。

私のブログを読んでいる人は理解してもらえると思いますが、将来、公明党が票を伸ばして「国民に投票されて支持されているのだから、同意は得ている。」といって創価学会を国教化する可能性があります。国立戒壇論は取り下げただけで、日蓮の遺文に国立戒壇と書いてありますから、また持ち出す可能性はあります。実際、日蓮正宗のある法華講のトップである浅井氏が今もその主義のようです。

政治が宗教に関わったり優遇したりする事をことを禁止しているのですが、将来的に公明党が税金など宗教全体を更に優遇する可能性があり得ます。

●あまりオススメしない方法。学会員でない人が公明に投票して功徳があるのか?('13.06.24追記)

学会員は幹部から功徳が有ると言われて選挙活動をしています。(選挙活動という言葉は普通の人には違和感がある言葉ですが、創価学会の信仰の活動を学会活動といい、選挙は選挙活動といいます。)

「選挙活動は信心活動、学会活動と思ってやってくれ!!。功徳があるんだ!!」

選挙活動をする学会員は
「行動して戦った自分に功徳がある。」そう信じて戦っているのです。しかし日蓮さんの遺文に 「選挙活動したら功徳がある」 とは書かれていません。もしあなたが創価学会員でないのなら

「創価学会でない邪宗の私が公明に一票入れて選挙活動したら功徳(くどく)があるのか?共産党に入れたら功徳がないのか?それとも罰(バチ)が当たるのか?」

と聞いてもいいかもしれません。もちろん何処に入れてもマトモな仏教なら功徳も罰も選挙とは無関係です。どちらもあるはずがありません。学会員によっては「功徳がある」というアホな答えが返ってくるかもしれません。(笑)

公明投票で功徳あり、共産など他党投票で功徳なし?
同じ投票行為なのに 一方は功徳 で 一方は功徳なし って随分ひどい学会独自の日蓮仏法だと思いませんか?投票行為に対するトップを含めた学会員の人権侵害発言だと私は思います。

「罰(バチ)が当たる」ならそれこそ政教一致であり宗教の勧誘であり、なおかつ脅迫ではないでしょうか?

邪な(邪宗の)人に功徳があるなら学会員が学会やめても公明に投票すれば功徳があることになってしまいます。「学会やめて公明に投票すれば?功徳あるんでしょ?」ってのも面白い質問かもしれません。

投票行為に功徳があるわけがありません。しかし学会員の間で、「とある一般の人が公明を応援したからその人に良いことがあった。」という学会指導や噂(特に婦人部で)が有るのです。

16,7年学会にいた私がどの地区でも聞いた噂話なので根強いと思います。もちろん単なる噂か妄想か思い込みでしかありません。


 

●まとめ
最後になりましたが、貴方が創価学会員と会話して学会員に政策などをよく聞いたり議論する事は自由です。断る事も自由です。上に太字で書いたように貴方の意志表示をはっきりさせることが一番です。

●補足。なぜ創価学会員は選挙にがんばるのか?

なぜかというと思考停止して組織に言われたままに動くから。その他に折伏にしろ新聞啓蒙にしろ、選挙にしろ「行動して戦った自分に功徳がある。」そう信じて戦っているのです。16番17番記事に書いてきたとおり創価の人はしつこいです。自分の幸福の為に必死です。折伏や新聞啓蒙ならあなたの為かもしれませんが、選挙はお願いしているのであり、100%、あなたの為じゃありません。

交通費を何万円もかけて訪ねてきたり、卒業名簿を使って片っ端から電話代を何万円もかけて話をしたりするのは、多かれ少なかれ、「御仏智がある。」「使命だ!」「功徳ある!」「冥の照覧(みょうのしょうらん)だ!」と(場合によっては)友人を失ってもそれより大きな功徳があると考えています。

 創価学会組織も大きな会合で”選挙活動は信心活動、学会活動と思ってやってくれ!!。功徳があるんだ!!”

と一般会員に煽っています。一般会員も体験発表します。”100票Fを取って功徳がありました!!!!”なんてものです。信仰の功徳なのか選挙の功徳なのか偶然なのかは本人だけしかわかりません。

学会組織が選挙活動に会員を煽るのは一度や二度ではありません。2,3ヶ月前から、過去の統計から負けたり接戦する場合は半年以上前から組織に団結や信心活動を求めます。

また私が最後に経験した選挙では自民公明の対抗勢力は「蓮舫」でした。男子部の会合では「蓮舫」の水着グラビアをコラして馬鹿にしたり子育てしろ!とか罵倒してました。プロレスラーとか芸能人出身の国会議員は私もうんざりですが、同意出来るのはそこだけで男子部の罵倒誹謗中傷にはうんざりしました。

全文転載です。

裁判長の暴走 ?

見出しから推測すると、スワ何事ぞと思われる方も(笑)

今年、5月21日
福井地裁で下された「原発を差し止めよ」との判決。

科学的にみて、あり得ない判決内容と共に、法曹関係者の注目を集めたのは、あと4年で定年を迎えようとしている、判決を言い渡した、樋口英明裁判長(61)の横顔です。

司法は生きていた。5月22日付東京新聞。
安全性に欠陥。22日付毎日新聞。
いいね!次々。24日付朝日新聞。


裁判を傍聴した、イラ菅こと菅直人元総理は、福島事故を踏まえた素晴らしい判決とコメント。

脱原発でタッグを組む細川元総理と小泉元総理も、常識的でよかったと判決を評価。


一方、新聞には次のような見出しも躍っていた。

原発にゼロリスク要求。22日付読売新聞。
識者、論理が飛躍24日付産経新聞。


各分野の科学者たちを唖然とさせた、判決を下した樋口英明裁判長は三重県出身。京大を卒業後、83年に任官。

福岡地裁を振り出しに、静岡、宮崎、和歌山、熊本、と各地方を転々とし、福井地裁に着任したのは2年前のこと。

経歴を見る限り、出世コースからは完全に外れているそうだ。誰も行きたがらないような末端の支部の勤務も多いし、まだ、地裁の所長もやってない。(退官裁判長の弁)

感情的な判決を出された背景にはそうしたことがあるかも知れません。(前出の裁判長)

また、こうも言っている。
将来があると思い切った判決文は書けないものですが、定年間近の人は時に、画期的判決を出すことがあります。と。

裁判官を辞めた後、弁護士になって活躍している井戸謙一さんという方は、06年、志賀原発の運転差し止め訴訟で、金沢地裁の裁判長として運転差し止めを認めた。

その判決が反原発を訴える人たちに、画期的と賞賛されました。井戸さんは結局、定年を待たずに裁判官を辞めて、今ではある原発訴訟の弁護団長をされているとか。

今回の裁判長が定年まであと数年だったと言われると、樋口英明裁判長は、4年後の定年を待たずに退官するのかどうか、注目に値する。以上、私見が偏見そのもの鴨。

余談、
一人の子供をめぐって親権者を主張する二人の母親の裁判があった。裁判長は一計を案じ、自分の子供と主張する女二人に両の腕を引っ張りなさい、勝った方を母親と認める。

裁判長の前で引っ張り合いがはじまった。しばらく引き合いをしたが一人の女は手を放す、もう一人の女は引っ張り続け勝負に勝った。

しかし、判決は手を離した女に。
ご存じ、数多い大岡裁きと言われる中の一話。




おはようございます。


まだ生きてるのかな。
 



赤が書きヤクザが売って馬鹿が読む。
 




先日の記事


二日前、ある事で警察に相談をした。
なんと不遜な電話口での対応。

そこまでの対応は自分としては許容の範囲(ホリエモン流に言うと想定内)でした。

昔からですが、警察は大きなヤマ(事件)でないと動かない、永年培った腐った癖を持っています。緊急を要しないと思ったのでしょう。多分。

この会話は録音していますから念のため。そう言った途端、じゃ今からお宅に行くから聞かせてくれ。

ああ、聞かせてもいいが、令状を持ってきてください。と私。


というわけで、先日の記事、と相成ったわけです。

その記事を書く事は通報済みですから見ています。確実に。だから、記事の末尾に、一切の問い合わせを受け付けませんと書いた次第。

この記事も見ているでしょう。犬が。← 本物の犬に失礼かな(笑)



花は咲く

プロフィール

憂国の武士

Author:憂国の武士
あゝわれ如何にふところの剣は鳴りをひそむとも咽ぶ涙を手に受けて かなしき歌の無からんや。

ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR