fc2ブログ

20140914



 
スポンサーサイト



Before⇔After

秘匿する情報でもないから
題して韓国の整形ビフォール・アフター

儒教の国ですよね。つーことは親や身内は大切にするわけなんでしょ。でも先祖伝来の容姿はべつ物ぢゃーということなんでしょね。中身じゃないよ外観だよって半島人らしくて。

1

 

2

 

3

 

4

 

5

 

6

 

7
 

8 
  

9
 

10
 

11

 

12
 

13
 


画像を貼りつけて気が付いたんだけど、Afterの顔、全員似ていませんか?

高須クリニックが韓国にあるということで、高須克也氏ご本人が医院に訳を聞いたら、尊敬しているので名前を使わせていただいています。らしいです。

韓国の芸能人全員がスリーナイン(99.9%)整形なんていうのも珍しくもなんともないね。ヨン様なんて整形の筆頭なのかな?


両親とも整形で、生まれてくる子供の将来はバラ色とは到底思えないのだが・・・・・もはや、原形をとどめていないレベル。




支那ではこんな珍事件も。


支那・上海(Shanghai)の空港で、韓国で美容整形手術を受けた支那人女性23人の顔がパスポートの顔写真とまるで違ったため、入国管理が一時混乱するという騒動があったそうです。

支那の人が韓国に美容整形手術ために出かけたので当然行きと帰りでは違う顔になっています。

チャイナ・デーリーによると、36歳から54歳の支那人女性23人は、パスポートの顔写真よりも目が大きく、鼻が高く、あごがほっそりとしていたということです。

上海虹橋国際空港(Hongqiao Airport)のChenTao氏は、チャイナ・デーリーに「われわれの求めに応じて女性らが巨大な帽子とサングラスをとると、顔が違うようにみえた。

また、顔のあちこちに包帯や縫った跡がみられたと述べたそうです。

「そのため、いじっていない顔の部分と、写真を慎重に見比べる必要があった」

Chen氏によると、普段なら45秒ほどで終わる確認作業に、1人あたり数分の時間を要した。また、女性らは友人同士であり、韓国で美容整形手術を受けてきたと入管職員に説明したという。

Chen氏は、「確認作業の終了後、女性たちにパスポートをただちに更新するよう要請した」と述べたそうです。(c)AFP

やはり大和撫子は別格だね

シュミレート 国交断絶


ウンザリします。

隣国は自国内だけでなく国際舞台でも「デタラメ慰安婦問題」を大喧伝。 「告げ口外交」だとわかっていても、50年前に「解決済み」とした話を何度も蒸し返されては、もはや性根が腐っているとしか思えない。 

いや、腐乱する“ゴミ”なら燃やせるが、燃やすこともかなわない。ならば、断交したほうがいいのでは‥‥。 

気鋭の論客が日韓「国交断絶」を徹底シミュレートした。 

2015年X月、韓国ソウル市内にある「慰安婦像」は主なき日本大使館に変わらず対座していた。 

その前日までに、「慰安婦問題」で謝罪と賠償を要求する韓国に対し、日本政府は在韓大使召還を決め、早々に
帰国の途についた。 

その対抗措置として、韓国政府も在日大使を召還させたのだ。 ここに至って、日韓両国の「国交断絶」が決定的となった──。 

もちろん、これは架空の物語ではあるが。 

しかし、現実になってもおかしくはない。それほど韓国の“反日活動”は度を超している。 3月1日、韓国の「三・一独立運動」記念日の式典で演説した朴槿惠大統領は安倍晋三総理を指して日本を挑発した。 

「政治的な利害のためにこれ(慰安婦問題)を認めないのなら、孤立を招くだけだ」 

そもそも「慰安婦問題」は旧日本軍による強制連行の根拠もなく、65年に締結した日韓基本条約で「解決済み」とされた問題である。 

さらに、93年の「河野談話」でも謝罪し、基金まで設立させた。つまり、日本は慰安婦の存在も認めているし、元慰安婦に対して何度も謝罪している。 

にもかかわらず、韓国は日韓首脳会談の前提条件として「慰安婦問題」を持ち出した。安倍政権が「河野談話」の検証をするのは当然だろう。

事前に、韓国とすり合わせのもとに作られた談話であることが白日の下にさらされれば、韓国の主張がいかに道理にかなっていないかがわかるはず。 



脂肪の塊

ことある毎に日本を見下した言動をする韓国ですが、学術面では日本の足元にも及ばない。日本ではおなじみになったノーベル賞も、韓国では一人も受賞していない。

作家のモーリアックは、私はドイツが好きでたまらない、そんな私からすれば、ドイツは二つあったほうがいい、と言った。当時のドイツは分断されており、東西ドイツの統一は彼らの念願だった。

フランスとドイツの犬猿の中は有名ですが、彼は皮肉たっぷりにからかったわけです。日本も韓国をまともに相手をするのではなく、国際社会の笑いものにしていく努力をするべきだろうと思うのです。

表題の脂肪の塊は、モーパッサンが女の偽善を書いた小説です。プロイセンの占領軍がフランスに侵入してくる場面から話しは始まります。そこを逃れ、フランス軍が統治する港町を目指す馬車があった。

馬車に乗っていたのは中上流階級の地元の名士夫妻、尼、青年、そして脂肪の塊とというあだなの太った娼婦だった。この一行がある村で足止めを食う。その村を支配しているプロセイン軍の将校が娼婦が一夜を共にしない限り出発を認めないというのだ。

娼婦は敵に身を許すのを拒絶するが、中上流階級の夫婦は娼婦を口車に乗せ、軍人に渡してしまう。そのおかげで翌朝に馬車は出発できたが、中上流階級の夫婦は昨晩まで娼婦に対し頭を下げたりおだてたりしていたのに、手の平をかえすように冷たい仕打ちを食らわせた。

この物語に出てくる卑劣な女と朴 槿惠は同じだ。要するに、奴隷を見るような目で慰安婦を見ているわけであり、この職業に手を染めた女性の事情を汲み取ったりおもんばかることもしない。慰安婦に謝罪をしなければならないのは朴 槿惠なのです。

何度でも言いますが強制連行という軍の関与はなく、民間業者の高額な所得という触れ込みの募集に応募したのが真実です。

強制だったと主張する女性は、本人が知らないうちに、食い扶持を減らすためや、借金を払うため、働かせることを条件に親が本人に知らせないまま高額の前借をしたのです。

朴 槿惠はこうした女性の止むにやまれぬ事情を軽視し無視し蔑視しています。

2014 02 28 の記事を再掲載



ん??

高須クリニックの名前が無断で使われていたり


本人たちも分かっていて記念写真を撮るのだろうか。
子供たちの顔は三人とも似てるよね。


花は咲く

プロフィール

憂国の武士

Author:憂国の武士
あゝわれ如何にふところの剣は鳴りをひそむとも咽ぶ涙を手に受けて かなしき歌の無からんや。

ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR