fc2ブログ

韓国で始まり韓国で終わる

この国と付き合うメリットは・・・

例えば人類の武器開発の歴史を遡って考えてみますと、があってそのあとにが作り出されたのであって、槍や剣のない世界では盾も開発され得なかったと思います。

攻撃ミサイルがなければ迎撃のためのミサイルを開発する必要はなく、空爆がなければ防空壕など作られることもなかったのです。

またドロボーの全く存在しない世の中だったら、カギをつけるという発想も出てこないはずです。

こうした「先の攻撃」とそれに対する「後の対策」という、攻撃と受けとの相互発展のプロセスの結果でしか達成し得ないものもある。

ということをまず理解すると世の中の多くの事象が今までと違った角度で見ることができます。偉そうに、と思う読者さんもおられるでしょうが、実際そうです。

要するに、ある程度強力な攻撃あるいは甚大な被害、に及ぶほどの攻撃を喰らわなければ、ヒトというのは防御の策を講じることはないのだ。

というヒトの本質を理解してそこに攻撃を仕掛けてくる側に重要な意義を見出したのなら、日本にとっての韓国の存在の意義がこれまでとは全く違う観点から捉えることができるはずです。
  

攻撃=韓国(韓国の反日)の存在が無かったら、私自身今でも在日朝鮮韓国籍の人たちは、日本によって強制連行されたかわいそうな人達だと疑わなかったでしょう。

日本に必要なのは過去の侵略戦争に対するアジア各国への謝罪だという信念を持っていたでしょう。

北朝鮮が拉致をやっていると国会で発言した西村議員はとんでもない軍国主義者で、三国人発言をした石原慎太郎都知事はなんという差別主義者なのだと非難したことでしょう。

ペ様は日本中の女性をとりこにしていると疑いもせず、姜 尚中氏の穏やかな語り口に、これこそが正論だと思い込んだことでしょう。

安重根は英雄だと考え、韓国の反日は日本に非があると、漠然と思い込んでいたでしょう。

不破哲三氏は憲法9条を固持する立派な人で、土井たか子さんは日本のサッチャーだと信じていたことでしょう。


しかし度重なる執拗な韓国からのあらゆる分野での対日「攻撃」があったからこそ、それに対策を講じるべく、自ら活字を漁り、広く情報を拾い、自分なりに勉強して、知力を蓄えそこから波及した洞察力や推察力、判断力を備えた、少しはマトモな思考を持つに至ったからこそ、ちゃんとした根拠を持って上記のようなことはない!と自分の頭で判断できるようになったのです。

わりと多くの人々がこうした韓国の反日言動や歴史認識がどうのとやらを受けて、これと似たようなきっかけで自分なりに本を読み漁ったり考察した経験があったのではないかと考えています。

つまり彼らが火をつけたのは日の丸の旗ではなく、はたして彼らの主張は正しいのか?という我々が能動的に物事の是非を検証しようと問いを発する「科学的思考」にこそ火をつけたのだと多くが気づいたのです。

世界には無理やり外部に敵を創って国内をまとめる、などという面倒くさい政治手法がある一方で、わが国には黙っていても敵として、戦闘以外のあらゆる攻撃をしかけてくる存在があるということは、

国益が害される一方で同時に官民を挙げてその国益、公益、集団や個人の利益等を守る対策に打って出るという、我々自身が強力な変化を遂げるという効果も生じた、と考えられるのです。

だからこそ、嫌な相手だからこそ韓国は日本の発展にとって重要な存在で、それこそが彼らと付き合う上での最大の効果=メリットなのだろうと思います。

我々が「盾」なら、彼らはド突いてくる「槍」なのですから、反日の韓国は嫌だ、怖いなどと萎縮していてはもったいなく「いくらでもド突いて来い!そのおかげで日本は一層強靭になるのだ」って、むしろ迎え撃つことを楽しみにするくらいの気持ちで前向きに韓国と関わっていくべきでしょう。

シベリヤではトラやヒグマが、北米ではハイイログマやピューマがいるから、オオカミは高度に組織化された集団で活動し、食物連鎖の最上段に君臨しているわけで、それらの大型獣がいなくなって更に餌が楽に確保できる環境ができてしまったら、オオカミだって時が経てばそこら辺の「ワン公」みたいになってしまうかもしれないじゃないですか。


安倍さんは、オバマの意向で朴 槿惠大統領と会談することを”模索”するフリをしています。個人的には突き放しておけばいいことです。

虚心坦懐に腹を割ってお話の出来るお国柄ではない。ということは、前述したように、知恵のある「盾」を日本は設けました。

安倍さんは、首脳会談に当たって「前提条件なし」という「盾」を使っています。支那に対しても同じです。




 

スポンサーサイト



華僑

かきょう【華僑】。

 


〔「華」は中国,「僑」は仮住まいの意〕

長期にわたり海外に居住する中国人およびその子孫。東南アジアに多く,経済的に大きな影響力をもつ。今日では移住先に定着し,自らを華人と規定することが多い。 → 華商 ・ 華人


《「華」は中国、「僑」は仮住まいの意》中国国籍を保持したままで、海外に移住した中国人およびその子孫。東南アジアに多く住み、経済的影響力をもっている。→華人

[補説]中国で1978年から実施された改革開放政策を基準として、改革開放以前に渡航した者とその子孫を老華僑、それ以降に渡航した者を新華僑と呼ぶ。

ウィキ:
華僑は、中華人民共和国の中国共産党政府の定義によると、「中国大陸・台湾・香港・マカオ以外の国家・地域に移住しながらも、中国の国籍を持つ漢民族」を指す呼称である。外国籍取得者の華人に対しても使用されることがある。(中国共産党政府のいう「中国」には、同国と対立する中華民国(台湾)が同国の「地域」として含まれる )

日本では俗に「中華系のルーツを持ち、中国由来の文化や事業を受け継いでいる人々」のことを広く「華僑」と表す場合が多いが、厳密には区分される。また同様の境遇のインド系の呼び名に対し「印僑」がある。


⇓ この著者はこれを実践している日本人。
華僑は、競うがごとくおごり合うという話があります。これは華僑流の蓄財術でもあるのです。おごったお金は消えるのではなく、おごった相手の財布に移動すると考えているのです。財布から貯金箱や銀行口座へお金を移すのと同じ感覚なのですね。

つまり華僑は自分の財布以外にもたくさんの財布を持っていて、おごることで他人の財布にどんどんお金を貯めていくわけです。自分の財布に入れられるお金は限られています。その中身がなくなったらもうお金を使うことはできませんが、人の財布にお金を入れておけば、自分の財布がカラでも必要なときにお金を引き出すことができます。

常日頃からおごっておけば、「今日はお金がないからおごって」と気兼ねなく言えますし、おごってもらうことはおごる側を利する面でも2つのメリットがあります。

1つは、おごる側の面子を立たせること。もう1つは、「次に自分の財布を使う権利」をあげること。このメリットも共通認識となっているため、おごりっぱなし、おごられっぱなしということはありません。おごり合うことで財布を共有する仲間をどんどん増やしていくのです。 ⇐ ここまで。


当然のことですが、支那国内では、華僑のことを(国外に居住する支那国籍の支那人)という捉え方です。支那が国際法を軽視し、強気なのは、有事にこの華僑を動かせるという自負があるのだろう。

支那の(中華思想に基づく)横暴が続くとは到底思えない。ある時期ある出来事を機に大きく変わらざるを得ないことが出来する。都合の良い事だけ協調する姿勢は国際社会に疎んじられて久しい。


以上。



駆け引き

習近平と朴 槿惠が条件をつけてくるのであれば首脳会談の必要はないだろうと思えます。支那も朝鮮も約束事をためらいもなくいとも簡単に覆す前歴があります。

日本はないことをあるとは言いえないからそのへんは安倍さんも重々承知していると思います。支那も朝鮮も日本憎しで引っ付いているだけであり朝鮮のわがままを一番心配しているのが米国でしょ。

尖閣でも竹島でも慰安婦問題でも、棚上げするくらいしか方法はないだろうし



集団的自衛権行使容認をロシアはこう見ていた。

ロシア、集団的自衛権の行使を容認した日本 その背景は尖閣紛争などで「米国が本当に日本側に立つのか」への疑念

ストレリツォフ氏は、日本は 自国の力で地域の安定性を保証するような国になることを望んでいると指摘し、次のように語っている。

 「これは、日本がこの一年間で、尖閣諸島(中国名:ジャオユオダオ)などを巡る地域紛争が起こった場合に、米国が日本側に 立つのかどうか懸念を抱くようになったことに関連している

日本にはそのような懸念を抱く根拠がある。それはまず、中国が東シナ海 の一部の公海上空に、一方的に防空識別圏を設定した時の米国の行動だ。

特に深刻な状況を作り出したのが、防空識別圏に尖閣 諸島が含まれたことだ。そしてこの状況の中で米国が見せた行動は、日本が考えていたものとは全く異なっていた。

米国は、一貫して 日本の側に立つのではなく、ただ事態を緩和させようとしただけだった。これが、日本に警戒心を起こさせた可能性がある。」 「(中略)」



習と朴と支那と朝鮮


他国の食文化をとやかく言う気は毛頭ないが、日本人には受け入れられない。これも日帝そ所為だとでも言いたいのか。起源を主張するのが得意の国民性ゆえ、当然ながら犬食もそうなのであろう。

犬食文化を持つどちらも似たような国家。犬はおろかヒトの胎児まで・・・。



【閲覧注意】 閲覧は自己責任でお願いします。





世界記憶遺産推薦

韓国編

1945年8月15日、日本の敗戦から2年の紆余曲折をへて
大韓民国は誕生した。

しかし初代大統領、李承晩時代に恐ろしい民衆弾圧事件が発生している。李承晩は李氏朝鮮王朝の血を継ぐ名門の出身でアメリカの力を利用して初代大統領になり、12年間の政権はまさに李氏朝鮮の復活と呼ばれた暗愚政治の連続であった。

彼はプライドが高く自分のプライドを保持するためには歴史を平気で捏造した。
今に至る韓国権力者の歴史捏造はこの初代大統領からのお家芸のようだ。



1948年 済州島4.3事件
韓国済州島でおこった虐殺事件 死者3万人
済州島での共産主義者に対する政府側の武力鎮圧とされるが
全島民の1割にあたる3万人の死亡。
この事件は未だ韓国政府の正式声明等無(?)
(死者数にしても細かい事はわからない。)
この時多くの韓国人が日本に逃れてきて
「在日コりアン」となった。

1949-50年「保導連盟事件
1949-50年朝鮮戦争中の大事件で韓国国内の共産主義者が「北朝鮮」に呼応するのを防ぐ為、共産主義者やその家族のリストアップ、検挙、収監、虐殺を行った事件。ソ連や中国でも政治犯等にには形式裁判を行ったが韓国政府は裁判無しに只殺しただけ。

その死亡者20万とも30万人。
(日本統治を悪くいうがこれでは一番安全な時代が日本統治時代になってしまう)これは韓国最大のタブーで韓国のマスコミでもほとんど取り扱われない。

この事件で私が気になったのは、いくら朝鮮戦争中とはいえ、開戦後、僅か1ヶ月の間に(短期間)共産党員やその家族そのシンパが20-30万人も虐殺された点。これは最初から政治的なプロログラムが仕込まれており「開戦」即「虐殺」となったように思われる。


1951年 国民防衛軍事件
朝鮮戦争中、韓国は予備戦力抽出のために国民防衛軍(義勇軍)を制度化多くの韓国人が結集したが国民防衛軍幹部の食料、軍資金の横領、着服で馳せ参じた国民防衛軍兵士に食料、防寒服がいきわたらず又過酷な訓練や行軍で何と10万人前後の防衛軍兵士が実戦参加もせず死亡。1953年韓国政府はこれら軍幹部を処刑したが10万人殺しても李承晩大統領自身は責任を取っていない。


この李承晩も自国民殺しにかけては
スターリン
ポルポト
毛沢東
金日成
らと並ぶ四天王クラスに位置すると思う。

北朝鮮国民も大変だが韓国国民もまともな指導者不在で大変な目にあっていると改めて思った。

以上の理由で上記①②③を世界記憶遺産に強く推薦する。


花は咲く

プロフィール

憂国の武士

Author:憂国の武士
あゝわれ如何にふところの剣は鳴りをひそむとも咽ぶ涙を手に受けて かなしき歌の無からんや。

ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR