fc2ブログ

飲み食い

あれはダメこれはダメと禁止されるより、これだけにすれば、といわれる方が好きだと思います。そして、なんといっても、われわれの関心事は飲み食いではないでしょうか。

お金がそこそこあって、うまい酒を手に、うまいモノを腹いっぱい食べてもスリムで、嫌なやつよりはるかに元気で長生きする。これが人生の醍醐味ではないだろうか。

世界で最も権威のある医学雑誌ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシンの最新号に、アメリカの13万人の医師と看護師での調査結果が掲載されました。

それによると、ナッツ類をよく食べるほど、がんや心臓病、呼吸器疾患で死亡する率が摂取回数に比例して低下し、健康長寿が得られるようです。

残念ながら、最も効果的なナッツの摂取量については、はっきりしたデーターは示されていません。これまでもナッツの有効性は、少人数の日本人研究者や動物実験でも報告されていますので、かなり信用できそうなデーターです。

ナッツに含まれている植物性油脂の抗炎症作用が炎症化を抑えるためではないかと思われます。ちなみに、最も理想的なナッツはクルミですが、逆に糖尿病を起こしやすくするナッツもあるので注意が必要です。

日本ではなじみがありませんが、インドや台湾で食べられているビンロウジュナッツは、発がん性と炎症を引き起こす作用によって、口腔がん、糖尿病、肥満を起こす危険性がありますので、好奇心に駆られて口にしないことです。

また、こちらもアメリカの研究ですが、食物繊維は、昔から血糖上昇を抑え、糖尿病、肥満、便秘予防効果がよく知られていますが、、中でも穀物のシリアルが、最も糖尿病予防効果に優れ、毎日10グラムのシリアルを週5日以上食べますと、糖尿病の発病を30%抑えることができます。種類は、特に関係なく有効なようです。

和食がユネスコの無形文化遺産に登録されました。和食のヘルシーさは無論選考理由の第一ですが、食器や盛りつけなど見た目の美しさ、季節感の演出も加点されているはずです。和食にもクルミを使った料理があるそうですから、機会があれば試してみようと思っています。


スポンサーサイト



花は咲く

プロフィール

憂国の武士

Author:憂国の武士
あゝわれ如何にふところの剣は鳴りをひそむとも咽ぶ涙を手に受けて かなしき歌の無からんや。

ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR