fc2ブログ

#

放送局や新聞社などが自主規制している、いわゆる放送禁止用語の一覧です。 差別語など特定の人を侮蔑する意味を含む、含まないに関係なく、もっともらしい理由のつくものは全て差別用語として羅列してあります。 このリストに加えられた用語に関係する人々は歓喜して喜ぶものの、これに反対する人々も存在し、あえて使ったりするが、放送時にその部分はカットされる。 本来差別的な意味などを持たなものの、時と場合によって使用をわきまえるべき言葉や、誤用に注意しなければならない言葉も合わせてリストアップされている。



人権、人格を損なう言葉            




部落
集落、地区

特殊部落
同和地区

人非人
ひとでなし

家柄、血筋
(なるべくつかわない)

身分
(使用箇所により注意)

身元調査
(なるべく使わない)

過去帳
檀家の記録

興信所
調査機関

特殊学級
身障児学級








肉体的、精神的侮蔑の言葉




めくら
視力障害者、目の不自由な人

つんぼ
耳の不自由な人

あきめくら
字の読めない人、文盲

おし
口の不自由な人、聾者(ろう)

どもり
言語障害者、吃音

びっこ、ちんば、いざり
足の悪い人、足の不自由な人

かたわ
身体障害者

がちゃ目、ロンパリ
斜視

業病
(使用に注意)

かさっかき
性病患者

ライ病
ハンセン病

植物人間
植物状態人間

白痴、こけ、のうまくえん
精神障害者

きちがい
(原則として使わない)

きちがいに刃物、きちがい沙汰
(絶対に使わない)

狂気の沙汰
(なるべく使わない)

天才と狂人は紙一重
(なるべく使わない)

〇〇キチ
マニア(釣キチ→釣マニア)

しらっこ
白皮症

せむし、みつくち
(なるべく使わない)

台湾ハゲ
禿頭病

馬鹿でもチョンでも
(なるべく使わない)

めくら判
ろくにみないで判を押す

つんぼ桟敷
きこえないところ

めくら縞、めくら滅法
(なるべく使わない)

めくら蛇におじず
(なるべく使わない)

片手落ち
本来侮蔑語でもなんでもないが、片・手落ちを片手・落ちと誤解されるのでなるべく使わない

てんぼう
隻腕

バカチョンカメラ
オートマチックカメラ(自動)

自閉症児
原則として自閉症の子供などと言い換える

精神薄弱児
「精薄」は使わない。「精神薄弱児」には侮蔑の意味はないので使ってもよい(NHK)

心身障害者
「心身障害者・児」は略さない。やむをえない場合は「身障者」とし、「心障者」は使わない(NHK)

知恵の遅れている子供
侮蔑の意味はないので使ってもよい






職業に関する侮蔑語




犬殺し
野犬捕獲員、狂犬病予防技術員

おわい屋、汲み取り屋
清掃員、作業員

クズ屋、バタ屋、ゴミ屋
廃品回収業者、資源交換業

おんぼう
火葬場従業員

屠殺
食肉解体

屠殺人
食肉市場職員、屠畜場従業員

屠殺場
屠畜場

番犬
(どうしても必要な場合、「番小屋の○○」というようにする)

おまわり
警察官、お巡りさん、巡査

運ちゃん
運転手

沖仲師
港湾労働者

かつぎ屋
行商人

給仕
ボーイ、接客係

漁夫
漁民、漁船員

芸人
芸能人

周旋屋
周旋業者、土地斡旋業者

下女、下男、女中
お手伝いさん

百姓、どん百姓
農家、農家の人、お百姓さん

工夫、土方、土工、人足、人夫
労働者、作業員

鉱夫、坑夫
鉱山労働者、鉱員

小使い、雑役夫
用務員、(校務員)

三助
浴場従業員

女給
ホステス、ウェイトレス

女工
女子工員、女子従業員(時代背景を明確にした場合はよい)

職工
工員、工場従業員

線路工夫
保線員、保線区員

日雇い、ニコヨン
自由労働者

坊主
僧侶、お坊さん

親方(土木関係)
チーフ、班長

小僧、丁稚
店員

土建屋
土建業者、建設業者

タケノコ医者、ヤブ医者
(なるべく使わない)

町医者
開業医

床屋
理容師、理容業

代書屋
行政書士

共稼ぎ
共働き

馬喰
家畜仲買人

馬丁
馬手、厩務員(競馬法では馬丁のまま、明治からの賎業としての「馬丁」が連想されるため問題となる)

郵便屋
郵便配達員、郵便屋さん

潜水夫
潜水作業員

板前
調理師、板前さん

OL
女子社員、女子事務員、OLの乱用は避ける






特定の国、人、人種に対する侮蔑語




ころんぼ、ニガー、ニグロ、クロ
黒人、アフリカ系

アメ公、イタ公
アメリカ人、イタリア人

ロスケ
ロシア人

ジャップ
日本人

チャンコロ、支那人
中国人

ジュー
ユダヤ人

ポコペン
中国人

毛唐、紅毛人
白人

鮮人、半島人
(使わないこと)

南鮮
大韓民国、韓国

北鮮
朝鮮民主主義共和国

中共
中国、中華人民共和国(中国共産党の略ならよい)

土人
原住民

後進国、低開発国
開発(または発展)途上国

ダッチマン
オランダ人

あいのこ、ハーフ
混血人

移民
海外移住者

支那チク
メンマ

支那料理
中国料理、中華料理

支那そば
中華そば

日本のチベット
過疎地帯、辺地、高山地帯

三韓征伐
三韓出兵

挑戦征伐
朝鮮出兵、文禄慶長の役

トルコ風呂
ソープランド

とるこ嬢
ソープレディ

老婆
老婦人(老婆←中国では妻のこと)

裏日本
日本海側

表日本
太平洋側

田舎
東京と対比する形で「田舎」と言うのはよくない。「町の子供。田舎の子供」のような言い方や、「生まれた土地」の意味で使うのは差し支えないが、

このような場合も悪い印象を感じさせないような配慮が必要である(NHK)

出戻り、オールドミス
(使わない)






隠語、俗語、符丁などの言葉




シケ、ナオン
女、娼婦

イモ
(なるべく使わない)

あらめん
初対面

まえつき
前歴つき

ほんぼし
真犯人

シマ
なわばり

ペイ患
麻薬患者

おとしまえ
金銭の絡んだ決着

やばい
あぶない、危険

ジャリ、ガキ
子供

ずらかる
逃げる

ブタ箱
留置場

サツ
警察

デカ
刑事

ガサ
捜査

ドヤ
犯人の隠れやすい宿

コロシ
殺人

タタキ
強盗

ブツ
盗品、証拠品

強姦
乱暴、暴行(刑法上は別)

あて馬
野球の場合は交代要員

ネコババ
(なるべく使わない)

イカサマ
にせもの

股にかける、くわえこむ
(なるべく使わない)

足を洗う
更生する

インチキ
ごまかし

アオカン
野合

すけこまし
漁色家、プレーボーイ

土左衛門
水死人

ゲンナマ
現金、キャッシュ

チャリンコ
スリ

ノビ
空き巣

ヒモ
関係ある男

かわかぶり
包茎

ゲーセン
五千円(音楽家の符丁)

ズージャー
ジャズ

せんずり
自慰行為、オナニー

ヤー様、地まわり、やさぐれ
やくざ、暴力団員、愚連隊

淫売
売春

姦通
不倫行為

パクる
逮捕する




不快感を与える言葉




南部のシャケの鼻まがり

越後の米つき

富山の三助

上方のぜい六

伊勢こじき
いすれも

(なるべく使わない)

いちゃもんをつける
いいがかりをつける

うんこ
大便

女子供、婿をとる、嫁にやる、娘をかたづける
(なるべく使わない)

しりぬぐい
後始末

たれ流し
流しっぱなし、ただし公害問題は例外

足切り
大学入試に関して用いられる「足切り」という表現は、語感が強すぎるので、アナウンス、表記ともになるべく「予備選抜」「二段階選抜」などと言い換えることが望ましい(NHK)

首切り
解雇、人員整理

落ちこぼれ
授業についていけない子供。学業・成績不振の子供。やむをえない場合は「いわゆる落ちこぼれ」と表現(NHK)

溺れ死ぬ
溺れて死ぬ

本腰を入れる
卑俗な感じを持つ人もあるので、注意して使う

名門校
なるべく使わない。野球放送などで「名門○○校」などという場合はあまり抵抗はない(NHK)


















スポンサーサイト



樹齢300年以上のご神木が枯れる



http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2012/11/1126.html



http://www.ktv.co.jp/anchor/today/2013_01_25.html


このニュースを見たときにひらめいたものがあったあった。↑↑


写真は松くい虫の防除に使われる方法で樹幹注入といわれるもの。
 







 

幹周りの大きさで注入される液の量は違ってくる。

年末から年を越す寒い期間に行われるのが通例。

 

この空容器に除草剤を希釈して入れ、穴に差し込めば自然流入する。

急ぐ場合などガスで加圧して注入もする。


ゴルフ場に出入りしている農薬会社なら松くい虫防除で何度かはやっていると思う。

写真の説明、写真はファイザーのグリンガード樹幹注入の様子。


関係当局はこの辺のことを把握しているのだろうか。



以上、気になっていた案件記載終わり。

従軍慰安婦の真実

皆様、ご無沙汰いたしております。復活ではございませんが、本日の記事は過去に没になったような記憶がございます。再度本音を書いておきます。

大阪の橋下市長の発言が物議を醸していますが、それもアメリカ議会が取り上げる騒ぎ。
弁護士だったらもっと要領よく話せないものかなと思ったのは私だけではないと思う。





従軍慰安婦の証拠を検証します。

下の写真の左側の垂れまに「身も心も捧ぐ大和撫子のサービス」と書かれていますが、当時、慰安婦の約半数は韓国人(朝鮮人)女性 。下は慰安所入り口の写真



 

従軍慰安婦の写真
笑顔を見せている右端の女性は、歴史教科書では必ず右がカットされて掲載される。(右端を切り取り「連行される慰安婦」といった内容になる)

従軍慰安婦と聞くと「かわいそうな人たち」をイメージする方も多いようですが戦争中は慰安行為(売春)によって収入を得る女性が多く存在しました。

通称「慰安婦」と呼ばれる人たちです。慰安婦が存在したと言う証拠はいくらでも残っています。

安婦の中には親に売られてしまった人や借金を背負っていた人もいました。本人が望まずにそのような仕事についた人達は現在、日本に謝罪と賠償を求めています。


さらに言えば、問題にされているのが軍による強制が本当にあったのか?の点です。
 なぜなら彼女達は、慰安所から高額な収入を得ていたことが分かっているからです。
 
大卒の初任給が月収「約20円」の時代に、慰安婦は15倍に当たる「月収300円」以上で公募集をかけられていました。(慰安婦制度



戦地、従軍慰安婦の写真
日本人兵のあとから川を渡る(韓国人)慰安婦の写真

※戦地に従軍する慰安婦は危険が伴うため収入は割高

「従軍○○」とは軍に同行する人を指します。

従軍記者、従軍カメラマン、従軍看護師などは存在が確認されています。

上の写真のような「従軍(追軍)慰安婦」はいくらでもいましたが強制によるもの?がいたかどうかは証言以外に証拠がありません。

(当時は、慰安婦を公募集すればいくらでも集まる時代です)



慰安婦大募集 「月収300円以上(3000円前借可)」
 新聞「京城日報(キョンソンイルボ)」 1944年7月26日
 


自称従軍慰安婦の証言

慰安婦問題の、有力な証言者として積極的に公演を行っているのが「黄錦周」「李容洙」さんの2人

 以下はすべて、従軍慰安婦として有名な「黄錦周」(ファン・クムジュ)さん1人による証言です。
 
(1)従軍慰安婦と戦後補償 / 著者:高木健一「生活は貧しく、12歳のときに100円で売られた。ソウルの金持ちの家で小間使い。1938年に威鏡南道ハムン郡で女中をしていた時に、その家の娘の身代わりとなって満州に連行され従軍慰安婦となった」

 (2)国連・経済社会理事会クマラスワミ報告 / 1996年1月4日「17歳のとき、日本人の村の指導者の妻が、未婚の朝鮮人少女全員に、日本軍の工場に働きに行くように命じました。そのとき私は労働者として徴用されたのだと思いました。」

(3)日本TV企業"TBS"「ここが変だよ日本人」というTV番組より(従軍慰安婦問題)
「私は19歳で学校を卒業する25日前に、日本軍に引っ張り出され、仕方なく慰安所に行ったんだ」
 

(4)「日韓社会科教育交流団韓国を訪問/1997夏期「満18歳になったある日、男がやって来て、村から娘を提供するように言いました。」


 (5)旧日本軍「従軍慰安婦」の証言を聞く集会 / 1997年12月5日『村の班長(日本人)に「一家に一人は行かなくては」と脅され、1941年、韓国を離れましたが、到着した場所は、慰安所でした。』


(6)黄錦周さんの証言を聞く会 / 2001.07.17 / 東京大学にて「14歳のとき、いわゆる「少女出」で満州に連行され、皇軍兵士のセックスの道具にされた。つらい体験だった。」



 公演するたびに、証言が変わるのが特徴
 
しかし彼女は、日本軍に従軍慰安婦を強制された有力な証言者とされており歴史学者達に長い間引用されてきた。
 
「文玉珠(ムン・オクス)」さんの証言「文玉珠」さんという(自称)従軍慰安婦女性は、平成4年に日本の郵便局を訪れ、2万6145円(当時の金額)の預金返還の訴訟を起こしています。

千円もあれば故郷の大邱に小さな家が一軒買えると体験記で述べていますが、現在の価値なら、4000万~5000万円程度の大金を、彼女が(自称)性奴隷であった約3年間で貯めていたことが分かります。
 
慰安婦であった期間に文原玉珠名義で、合計12回の振込み(計26,145円)を行っていますが当時、家が20~30件買えるほどの金額



ナヌムの家に住む(自称)従軍慰安婦 「李容珠(イ・ヨンス)さん」の証言
 1944年、16歳の時に強制連行され台湾へ。
旧日本軍の従軍慰安婦としての生活を3年間強制された。(1947年まで
(※終戦により日本軍がいなくなった後も、現地で2年間ほど働いていたことになる)


このことを指摘され、従軍慰安婦の期間を 3年間→1年間に修正
2007年さいたま浦和の公演の配布資料
 






チョン・ソウンさん
 
証言内容
 「13歳(1937年)の時にインドネシアに強制連行され、従軍慰安婦として7年間(~1946年まで)性奴隷にされた。」

2004年他界。

享年80歳  
日本のインドネシア攻略は1941年。それ以前はオランダの植民地です。



 

従軍慰安婦問題に関する文書
 「櫻井よしこ」氏による従軍慰安婦問題の説明女性を騙そうとするブローカーを取り締まるため、朝鮮総督府は「警察官」を増員。下は該当文書
   


 
朝鮮人の人身売買組織が、誘拐した少女を中国人に売り飛ばしていた為、日本政府によって検挙されたことを報じる記事1933年6月30日付 東亜日報

慰安婦を「強制連行」していた朝鮮人の業者とそれを取り締まっていた日本政府

韓国政府の従軍慰安婦公式サイト(削除済)に掲載されていた資料
 
韓国政府が、従軍慰安婦に関する
最も重要な証拠資料として公開していたもの。

→ 都合が悪くなりHP閉鎖
その中に掲載していた慰安婦募集広告は紛れもない実物です。↓

慰安婦 至急大募集 (今井紹介所)
 
京城日報1944年7月26日広告
朝鮮総督府機関紙 「毎日日報」1944年10月27日広告





 
「軍」 慰安婦急募 (許氏→個人による募集)
 


(写真説明)
”慰安婦 至急 大募集・・給料は月収最低300円、3000円まで前借可能”(原文のママ)
 
(三食食事付きの家政婦の月収が約13円の時代です)月収300円とは当時の激しい労働をしていた男性でも稼げない金額です。 
 
女性の工場労働者が月収20~50円くらいしか稼ぐことが出来ない時代に、 学歴の無い女性が「京城紡績」で働き始めても、馴れるまでは月収20円以上は稼げませんでした。

募集の広告には「売春」とは書いてありませんが、異常に高い給料で「慰安」といえば普通の仕事ではありません
 
現代の社会でも直接的な表現はしません(売春婦のことを風俗嬢と呼んだりします)が普通の女性が、高給で接待して稼げるのは特殊な職業だと解る筈です。



従軍慰安婦とは直接関係ないけどねぇ?画像はサムネイル
 
ご存知高名な起源説。



http://snn.getnews.jp/archives/92397

http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2012/06/post-7d28.html


Ps:当方の在日外国人に対するスタンスはプロフィルを参照してください。



巷間でささやかれていること。
ブログ業界全体は伸びているのに、某ブログのみ利用者が減少し続けているというデーターが
出回っているそうです。みなさん、いつ削除されるかわかりませんので、バックアップはとっておいた方がよろしいようです。


花は咲く

プロフィール

憂国の武士

Author:憂国の武士
あゝわれ如何にふところの剣は鳴りをひそむとも咽ぶ涙を手に受けて かなしき歌の無からんや。

ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR