fc2ブログ

下着の文化史

上野千鶴子の有名な著書
スカートの下の劇場、 人はどうしてパンティーにこだわるのか、に代表されるように、下着はセクシュアリティの問題を様々な視点から考える上で、格好の素材でもあります。

おすすめの一冊目は、下着の文化史。
上智大学文学部史学科、東京大学文学部西洋史科で学び日本風俗史学会会長かつビューティサイエンス学会会長の青木英夫氏の著書です。この本の帯には、人間は性の魅力を誇張するため下着で生活を作り替えた、とあります。

もう絶版になっているので図書紹介には掲載していませんが、1976年にホーキチ出版から刊行された玉川長一郎氏の著書にも下着の文化史があります。副題は「女性美を追求した初のアンソロジー。

上着や目に見える装飾とも、身体に直接施す刺青やボディペインティングとも、そしてヌードとも、本質的に違うセクシュアリティが下着にはあります。それは、目に見える、装いを剥ぎ取った奥にある神秘、あるいは、ぎりぎりにまで隠された緊張感、はたまた自然を拒否した造形美へのときめきか?

下着は衣服の中のマイノリティ、かつ、マイノリティの中にこそ美と真実がある。この思考少しおかしいでしょうか? 野外性交はアブノーマルな楽しみと捉えられているが20世紀中頃までは日常的光景だった。日本人の男女が愛し合う場所は、なぜ屋内に移っていったのか?

終戦直後には、皇居前広場 という言葉が性交を連想させるほどに、かつては野外性交が一般的だった。しかし、待合、ソバ屋、円宿、ラブホテルなどの施設がうまれ人々はもっぱら屋内で愛し合うようになる。


懐かしきなるか、野外よ

スポンサーサイト



貴重なものは隠れた所に


 損益計算書はビキニの水着に似ている。
 露わになった部分も興味深いが、
 真に重要なものは隠れたところにある。

引用は、この本からです。
「バフェットの謎」

 

 バフェット氏の投資の極意は、損をしないこと。
 そして、そのことを忘れないこと。

 自分でよく分からないことには、投資をしません。

自分で確信を持てるところだけに投資をするということです。


 もし、バフェット氏が
 オリンパスに投資するとしたら・・・。

 徹底的に調べ上げるでしょうね。
 ありとあらゆることを。

 そして、一つでもよくわからないこと、
 疑問があれば、
 投資はしないのです。


 

 女性も、よくよく
 調べ上げてから・・・

 投資したほうが
 良いのかもしれません。

ぐっどないと。


犬の散歩道に 犬のことが書かれていた

散歩道に名物の看板があります。過去にも掲載したことがありますが、今回は枚数が減っていました。

 

どういう経緯でこの看板が書かれたのかは分かりませんが、警察に対して腹に据えかねたことがあったのは間違いないようです。 関係者の方は煙たいかも知れませんが、犯罪の検挙率が年を追って低下しています。

 

事が起きないと動かない旧態依然とした体質にも問題あり。誰も諌める人がいないのをいいことに、自浄作用が著しく欠如しています。

 

ストーカ事件で、警察がまともに対処していたら、命を落とさずに済んだ事件も何件かある。 職務に忠実でなく、人命軽視も甚だしい。

 

電話の応対も不遜極まりない。(怒)

















皆さんの町にもこうした看板を立てたい人が多いのではないだろうか。

 

写真の看板は自分の土地に立てていらっしゃる。

 

 警察官の試験に合格したら、定年まで何もなしではおかしい。更新試験みたいなのをやって、基準点に満たない者は再教育をする必要がある。

 

私が見た従軍慰安婦の正体 小野田寛郎

読者さん、陸軍中野学校出の情報将校、小野田寛郎さんを知っていますか。下記URLから参照してください。
http://jiten.biglobe.ne.jp/j/a8/9e/84/9862cd09a6f0e29979691eadd00a8efa.htm

首相の靖国神社参拝や従軍慰安婦の問題は、全く理由のない他国からの言いがかりで、多くの方々が論じているところだ。南京大虐殺と同様多言を弄することもあるまいと感じていたのだが、未だに妄言・暴言が消え去らない馬鹿さ加減に呆れている。

戦後六十年、大東亜戦争に出征し戦場に生きた者たちが少なくなりつつある現今、私は証言として、「慰安婦」は完全な「商行為」であったことを書き残そうと考えた。(中略)

これでは誰がどう考えても「商行為」であるとしか言いようがないだろう。「商行為」ではない、軍による「性的奴隷」であるとそれでも強弁するとすれば、知らな過ぎるのか、愚かで騙されているのか、そうでなければ関西人が冗談めかして言う「いくらか貰うてんの?」なのかもしれないが、あまりにも馬鹿げた話である。(中略)

もう六十年も昔のことである。時代が変わり、また平時と戦時の違いもある。したがって娼妓(ここでは慰安婦に相当する)に対する解釈も当然変化している。

そうであるにもかかわらず、すでに証拠も不完全になっていることを幸いに、今更これを問題にして騒ぎ出す者たちの狙いは何なのか。言えることはただ一つ、不完全だからこそ喚き散らしていれぱ、何かが得られると狙っているということだ。(中略)

軍は「慰安所」に関与したのではなく、自分たちの身を守るための行為で、それから一歩も出ていない。(中略)「従軍慰安婦」なるものは存在せず、ただ戦場で「春を売る女性とそれを仕切る業者」が軍の弱みにつけ込んで利益率のいい仕事をしていたと言うだけのことである。

 こんなことで騒がれては、被害者はむしろ高い料金を払った兵士と軍の方ではないのか

???

探し物をしていて以下のような質問に遭遇しました。

創価学会の方、南無妙法蓮華経について教えてください

創価学会の人に、毎日、南無妙法蓮華経を唱えれば道が開けるといわれております。たとえ意味もわからずとも、ただただ、唱えて行けば御利益があると聞きましたが本当でしょうか?たくさん唱えればそれだけ効果があるのでしょうか?その方は「宇宙のリズム」だと言うのですが…・教えてください。宜しくお願い致します。 投稿日時 - 2013-01-01 00:06:14



回答者:noname#171880
回答日時:2013/01/01 01:41
 .
あなたが創価学会に入るか否かは自由ですが、私はお勧めしません。何故なら私は創価学会に入っているからです。自分の意志ではなく、物心つく前に親に勝手に入れられました。

信仰があるならまだしも無い人にとっては苦痛です。頻繁にお誘いがあるし、年に一回はお金も要求されます(振り込みの金額は自由ですが)。聖教新聞もとらされます(それも自由ですがしつこいです)。

私から見れば創価学会は異常な空気に包まれてるようにしか見えない。ついて行けない。それから質問にあったお経ですが、毎日唱えたって何もありませんよ。信仰が無い人は特に意味がない。

その殺し文句的なセリフは嫌というほど聞いています。が、私の祖父はそれこそ毎日朝夕お経をあげていましたが、良いこともなく、貧乏で、呆気なく死にました。

創価学会のごく一部の人の意見だけで入会するのはやめた方がいい。もっと周りの人に相談してからでも遅くないです。じっくり考えて決めて下さい。それはあなたの自由ですので・・・ただ、流されるまま入会しないように。

 



質問者が選んだベストアンサー

創価学会 壮年部の者です。

>たとえ意味もわからずとも、ただただ、唱えて行けば御利益があると聞きましたが本当でしょうか?

 本当です。

ただし、邪悪な願いは叶いません。
また、他人の不幸を願えば、返って自分自身に災いが降ってくるでしょう。

>たくさん唱えればそれだけ効果があるのでしょうか。

もちろんです。

しかし、日蓮大聖人は「ただの一遍でも唱える事でも、大きな功徳がある。」と仰っています。
それを沢山唱えれば、計り知れない功徳となるでしょう。

>その方は「宇宙のリズム」だと言うのですが…・

 その通りです。

森羅万象の現象を、慈悲の功徳の方向へと導いていく“法”なのです。これは、釈尊が法華経に現した“法”を、末法の御本仏である日蓮大聖人が、末法の衆生のために『御本尊』として現したものです。

また、日蓮が現したものだから、『日蓮宗』も一緒だと言われる方がおりますが、『日蓮宗』に伝わるものは日蓮大聖人よりの相続を受けておりませんので、同じ『南無妙法蓮華経』だったとしても全く粗法であり功徳はありません。全国には沢山の日蓮宗の寺院がありますが、そこに帰依しても何の功徳も得る事はできません。

では、『日蓮正宗なら良いのか』という事になりますが、日蓮正宗、法華講、妙観講等の信心でも功徳はありません。

細かくなり申し訳御座いませんが、同じ『南無妙法蓮華経』を唱えたとしても、唱えていく題目からして違うのですから、功徳があることはないでしょう。

 今、日蓮大聖人の信心というものは、創価学会にしか流れていないのです。ここが大事な点です。

投稿日時 - 2013-01-01 19:54:32

え!!、日蓮世界宗なんでしょこの人。宗祖は誰なんですか!?

花は咲く

プロフィール

憂国の武士

Author:憂国の武士
あゝわれ如何にふところの剣は鳴りをひそむとも咽ぶ涙を手に受けて かなしき歌の無からんや。

ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR