fc2ブログ

チョウセンニッポウノイイブン

勘違いも甚だしいことを書いて読む人間がいるのは
民度の違いなんだろうね。

正しい歴史認識は正しい歴史教育から生まれる。
あ、こんなこと言ってもわからんか(笑)


安倍首相だけが希望している韓日首脳会談











スポンサーサイト



身を守る

幸せ間近の女性が他人の手によって命の強制終了させられました。ご本人の無念さや残された方の無念を思うと怒りがこみ上げてきます。

何年か前、秋葉原の悲惨な事件以来、家を出る時私は護身具を所持します。あんな馬鹿な奴の凶刃にかかってたまるかという思いと、遭遇した時躊躇なく人を助けられるという二つの思いからです。

気を引き締めて所持しています。使う場面に遭遇しないことを願いながら。

選挙のたびに

選挙のたびに問題になるのが「一票の格差」です。一票の格差って何なのでしょうか。そして、なぜ問題になっているのでしょう。石頭をやわらかくして考えてみました。

ご存知のように一票の格差とは、選挙をするときに地域によって一票の重みが変わってしまうことを指します。例えば、A地区では有権者が100人いて、B地区には20人の人がいるとします。

そして、どちらの地区からも一人の議員が選ばれるとすると、A地区は100人に対して一人の議員、B地区は20人に対して一人の議員となり、B地区の一票はA地区の5倍の重みを持つことになります。

分かりやすく説明しているサイトがありました。以下

一票の格差の問題点を考えるためにある高校を例に考えてみます。

A高校では、普通科と音楽科があります。

普通科は1クラスしかなく、全体で40人います。

音楽科は2つクラスがあり、1クラス10人なので、全体で20人です。

今回、文化祭の時の体育館の使用について問題になりました。

クイズ会を開きたいという意見と音楽会をやりたいという意見があったからです。

そこで、この高校ではクラスごとに代表者を出して議論することにしました。

各クラス真っ二つに意見がわれたのでそれぞれのクラスで選挙が行われました。

結果、以下のような結果になりました。

オンマウスで拡大
 

上記のように普通科からは、クイズ会派の人が一人代表としてでます。一方で、音楽科からは音楽会派の人が二人代表としてでます。

話合いがまとまらなかったため、多数決を取ります。すると、クイズ会派の人は一人、音楽会派の人は二人なので、音楽会をやることに決定しました。

しかし、よく考えてみてください。音楽会をひらきたいと思っている人、クイズ会を開きたいと思っている人、トータルで考えると以下のようになります。

オンマウスで拡大
 

つまり、クイズ会派の人のほうが多いのです。しかし、代表者を選ぶことで全体の意思が全く違ったものになってしまうのです。

日本でいま起こっていることは、地方から都市部への人口の移動です。仕事が多いなどの理由で、多くの若い人たちは都市部に集まっていきます。

結果として、以前の選挙区では都市部の一票の重みが軽くなり、地方の一票が重くなる、一票の格差がうまれてしまうのです。

中でも特に問題なのが、世代間格差です。都市部へ移動する人は主に若い世代であるため、一票の影響力が小さい層は若い世代に集中してしまいます。

結果として、地方に多く住んでいる高齢者寄りの政策が優先されるようになってしまいます。

しかし、一方で地方の票が都市部の票よりも重いのはそこまで悪いことではない、と主張する人もいます。

というのは、完全に人口によって選挙区が決められると、人口の少ない地方の人たちの意見が通らなくなるのではないか、というものです。一票の格差をなくそうとしている人たちは、地方と都市部の格差については違う方法で解決するべきだ、としています。

この記事を書いているときに、岡山高裁で選挙無効の判決が出ました。さてさて

ひねくれ親父の疑問としては、一票の格差の訴えを起こしているのは選挙民に違いはないが、弁護士グループなんですね。

すべての選挙民の思いで訴えをおこしているわけではない。と思うのであります。自民党の圧勝を快く思っていない一部の弁護士が起こしたのと違うのか。と。

勉強不足で記憶も定かではありませんが、昔、オタカさんという社会党党首がおりまして、選挙に大勝してその年の流行語にもなった「山が動いた」時。民主党が大勝した前回の選挙の時、一票の格差で訴えを起こしましたかね。弁護士さん。

言いたいことは売るほどある

特定秘密保護法安の行方を注視していましたがある法則に気付いた。元CIAの職員がすったもんだの挙句最終的にロシアに亡命した。国家機密といえることを意図も簡単に暴露してしたり顔。歴史的にロシアも中国も同じことをやっているのだがガードが固い。

先日、当ブログの古い読者さんから”貴殿のブログは危険すぎる”今しばらくご辛抱されたほうが宜しかろうと思われます。というご教授をいただきました。それで鳴りを潜めたわけではございませんが忠言はありがたく留めております。

でもね、この国会を見ているとうずうずしてきます。
”韓国は今日も平壌に運転されています。”
その付近で愚だまいています。

朴 槿惠の父親”元大統領”が、軍慰安婦の管理者だった。そのことを知る人はいてもなぜか口を閉ざす。"基地村"は、官から民に移行したものの、今でも休戦ラインや米軍基地では韓国政府公認の米軍慰安婦が居ます。通称”基地村”と呼ばれています。朴 槿惠はこのことを知っていながらあの体たらく。

詳しくは、木曜日以降ここにて暴露します。

親と社会を見て子は育つ

東亜日報の報道が、韓国国内に衝撃を与えている。同メディアによれば韓国社会問題調査チームは、過去3年間での児童間での性被害事例が1500件にものぼり、年々増加する傾向を見せていると報告したという。

ママ、おなかの下が痛い…
今年1月、京畿道の市保育園に通う6歳のAちゃんは下腹部の痛みを母親に訴えた。医師の診察したところ、下半身に複数の裂傷を発見。Aちゃんに聞いたところ、同じ保育園の児童が犯人だったことが判明した。加害児童とその親が謝罪したが、3ヶ月後にAちゃんは再びこの子に襲われることになる。この児童は強制退所となった。

しかし驚くべきことに、Aちゃんは再び被害を受けることになる。この保育園の6歳の児童2人がAちゃんに同様の事を行っていることが発覚した。保健福祉部傘下の保育所の被害事例にはまだ多数このような例がある。江原道では8歳の男の子が6歳の女の子を押入れにとじこめて“行為”を行おうとした例、仁川では、6歳の男の子が同年齢の友人の服をはぎ、手と足をひもで縛って虐待を加えようとした例など、枚挙にいとまがないという。

調査チームのデータによれば、3~9歳の子供同士での被害事例は、2011年456件、2012年531件、2013年8月現在、450件で1437件発生。 ‘被害”を経験した子の親たちは、ほとんど施設の管理不良を指摘している。また韓国内では幼児用の性教育の必要が叫ばれているという。


6歳、未だ自慰行為も知らない年頃と思うのだが・・・。門前の小僧習わぬ経を読むというからね。末恐ろしい。

さてさて

ねえパパ、ママ今日はおねぼうさんだね


いいから黙って穴を掘りなさい




おあとがよろしいようで 

さて

Q、道に20ドルが落ちていた。
拾ったのは幼稚園児、誠実な政治家、サンタクロースのうち誰?



A.幼稚園児。他は実在しないから。

温かい心で生活困難者を支援

http://japanese.joins.com/article/536/178536.html?servcode=400§code=400

 年末年始を控え、生活困難者を助けるための愛の行事が続いている。 

20日午前、ソウル大韓赤十字社で開かれた「愛の贈り物」作り行事に参加した在韓外交使節婦人や赤十字会員らが、防寒用品・生活必需品を入れたカバン約9000個を作っていた。また同日午後、ソウル清涼2洞では南陽乳業の役員と代理店主約70人が練炭3000個を1人暮らしの高齢者家庭に配達した。 以上全文転載。


韓国の要請がない限り在韓外交使節婦人は動きません。その辺ははっきり書いておくべき。 


先ずはそう多くない友好国フィリピンの支援が先では??

Q&A

Q、アダムトイブが最初の共産主義者であったことは事実でしょうか。


A、おそらく事実です。 
なぜなら、彼らは非常に控えめに服を着て、自分の家を持っていませんでした。 その上彼らは自分達が楽園に住んでいると信じていたのですから。

ブレア首相

英国のブレア首相が2006年の労働党大会で放ったジョーク。

ブラウン財務相が党大会の演説で「首相のために働くのは名誉だ」と言ったところ、首相夫人のシェリーさんが、即座に「そんなのうそ」と吐き捨てた、というのである。近くにいた新聞記者がこれを聞き、「シェリーとブラウンの不仲」を書き立てた。党大会はこの話題で持ちきり。すると、ブレア首相は翌日の演説で、こんなジョークを飛ばした。

At least I don't have to worry about her running off with the bloke next door

少なくとも私は首相官邸の隣に住む野郎(財務相)と妻が駆け落ちするんじゃないかなんて心配しなくていいわけだ……。会場は大爆笑。聴衆は立ち上がり拍手を続けた。

 

 


 

花は咲く

プロフィール

憂国の武士

Author:憂国の武士
あゝわれ如何にふところの剣は鳴りをひそむとも咽ぶ涙を手に受けて かなしき歌の無からんや。

ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR